食生活を改善してわきがのニオイを抑えよう


わきがのニオイを抑えるって大変ですよね。わきがの手術をするにはお金がかかりますし、市販の制汗剤スプレーやわきが用のクリームを使ってもなかなかわきがのニオイがしっかりと抑えることが出来ない場合があるので、なかなかわきがのニオイを抑えるのは大変だと思います。

口臭が気になる人はこちらがおすすめ⇒口臭対策サプリメント

でも食事を改善することによってわきがのニオイを抑えることが出来るんです。お肉やお魚や卵や牛乳やチーズやバターなどの乳製品をなるべくあまり食べないようにして、ほうれん草や春菊や小松菜などの青菜やニンジンや大根やごぼうやレンコンなどの根菜類、それからさつまいもやじゃがいもなどのイモ類、そして大豆や黒豆や小豆などの豆類やわかめやめかぶや昆布などの海藻類などを沢山食べるようにすると、動物性食品を沢山食べていた頃よりも体臭が減るのでわきがのニオイも減ります。

特に牛肉や豚肉や鶏肉などの肉類を食べると、体臭自体が強くなるのでわきがのニオイも当然強くなってしまいます。まぐろや鮭などの大きい魚やいわしやにしんなどの小魚、そしていかやタコや貝などの魚介類もお肉ほどではありませんが体臭を強くしてしまうのでわきがのニオイも強くなってしまいます。牛乳やチーズやバターや生クリームなどの乳製品も同じく、体臭はもちろんのことわきがのニオイも強くさせてしまうので、食べる時は少なめにして食べるようにすると良いです。

お肉を食べたい時は、大豆を代わりにして料理をすると良いです。大豆は畑のお肉と言われているように、お肉と同じくらい高たんぱくですしお肉よりも食物繊維が沢山含まれているので、健康や美容に良い食品です。カロリーもお肉よりも大豆のほうが低カロリーなのでダイエットにも良い食材です。お肉やお魚や卵や乳製品といった動物性食品は酸性度が強い食材なので、これらの食材を食べると体内が酸性化してしまうので、わきがのニオイも強くなってしまいます。

なのでアルカリ性の植物性の食品を食べるようにすると、体臭が減りますしわきがのニオイも弱くなります。日々の食生活を植物性の食品を取るようにすると、わきがのニオイを抑えることが出来るのでおすすめです。