疲れを取るための方法

疲れを取るには、睡眠が一番です。
特に肉体的に疲れている時は、まずは身体を休ませてあげることが大切です。

しかし精神的な疲れは、なかなか良い眠りができないこともあります。
そんなときにおすすめなのが、マッサージです。

全身にはいろいろな身体のツボがあります。
精神的な疲れのツボもあります。

そこを中心にマッサージを行っていくと、
身体の血行が良くなるとともに、精神的な疲れも取れていきます。
他にもぬるめのお風呂にゆっくり浸かるのも良い方法です。

寝る前の1~2時間は、テレビやパソコンなどの光の刺激を受けないようにします。
これは交感神経を興奮させた状態にしてしまいます。

寝る前の食事も良くありません。
胃腸の働きが活発になって、睡眠を妨げてしまいます。

リラックスできる音楽を聴いたり、アロマやお香を炊くのも良い方法です。
部屋は少し暗めにしたほうが、副交感神経に変わりやすくなります。

寒い日は、布団を温めておくなどの工夫をすると良いでしょう。
電気毛布や電気アンカも良いですが、乾燥しやすいのが難点です。

その点、湯たんぽはお湯の暖かさなので、お風呂の延長のような暖かさで、非常に心地よいです。
足やお尻の辺りを温めると、早く寝付くことができます。

精神的な疲れが大きい時は、運動不足も考えられます。
適度な運動は、身体の血行をよくして、メンタル面も強くしてくれます。

外で運動ができない時は、お風呂掃除など、家の中で身体を動かせることを行うと良いですね。
デスクワークが続くと、首から肩が凝ってきて、それが精神的な疲れにつながることがあります。
腕を動かす体操を行って、肩の周りをほぐして、血行を良くすることを行いましょう。

ヨガや太極拳など、呼吸法を取り入れたものも注目されています。
精神的に疲れているときも、効果的な方法だと思います。
リラックス効果も高まり、自然治癒力も高めてくれます。

食事でも疲労回復に良いものがたくさんあります。
中でも酸っぱいものは疲労回復に良い食べ物です。

自分にあった疲労回復の方法を毎日の生活に取り入れて、健康な毎日を送りたいものです。

もし、いろいろやっても疲れが取れないとか、以前に比べてすぐに疲れてしまうという場合、
その疲れやすい原因は、内臓にあるかもしれません。
肝臓などの機能が落ちている場合に、症状が疲れとして出る場合もあります。
そんなときは病院に行って、検査してもらうことをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です