趣味のオフ会で精神的な疲れを癒してみる

1.精神的な疲れを対人でケアする

人と関わる機会が多すぎて疲れてしまうというのは誰でも経験があることだと思います。しかし、その人と関わる機会というのは職場や学校の人間だったり自分から望んでいない人との付き合いであることがよくあります。
人との関わりを一切断ってリフレッシュする方法もありますが、ここでは反対に人と関わることによって精神的な疲れをケアする方法を挙げます。

2.本当に仲の良い人とだけ関わればいい。オフ会のすすめ

最近はネットの発達によって、趣味の仲間をオンラインで募集してリアルで会うということが頻繁に行われるようになりました。それは読書仲間でもいいし、スポーツの仲間でもなんでも構いません。SNSや掲示板を使えば、自分と同じ趣味を持つ人が必ず見つかると思われます。そうした人たちに勇気を持ってコンタクトを取ってみて、それで気が合いそうならリアルでの出会いに移行します。
オンライン上で先に仲良くしておくことのメリットは、対面でのコニュニケーションに自信がない人でもある程度会話が円滑に行えることです。リアルで会う段階になっても、例えば最初からコミュ障かどうかわかっていれば自分も相手もそういう性格をしていることを前提に進められるので精神的にも楽な筈です。

3.ネット仲間に見られる替えられない親近感

オンラインの出会いから会った人と、普段からリアルで接している人。これらの差は、精神的に親近感を抱くかどうかにあると思われます。リアルでいくら会う機会が多くても、相手に興味もなければ共通点もない場合は身近な人とは言えません。反対にオフ会などで出会うメンバーは普段のリアルでこそ接点がないですが、情報機器で繋がっている時間が長かったり共通している性格や趣味だったりを持つなど親近感を感じやすい存在となります。
普段のリアルを断ち切ってそうした人たちと会うことはいい刺激にもなりますし、精神的な充実感をもたらすものです。気心の知れたオンライン仲間とオフ会をすれば、精神的な疲れもいつの間にか癒やされていることを感じられるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です