脾臓の役割と機能アップについて

脾臓という名称を聞いても、どこにある臓器かわからない人の方が多いでしょう。まして役割なんて知らない、ということも多いでしょう。脾臓は腹部の左上、肋骨の下に存在する小さな臓器です。大きさは握りこぶしくらい、スポンジみたいなやわらかい臓器です。目立たない地味な存在で、なじみが薄い感は否めません。でも意外と重要な働きを担っています。

脾臓は、古い赤血球の処分、血小板の貯蔵、免疫機能といった役割を持っています。人間の体内に酸素を運んでくれるのが血液中の赤血球です。赤血球は120日くらいで寿命を迎え、老化してくると柔軟性を失い、細い血管を通りにくくなってしまいます。この古くなってしまった赤血球を取り除くのが脾臓です。

またケガなどで傷を負った時に血液を止めてくれるのが血小板です。血液凝固に重要な血小板を3分の1も蓄えているのが脾臓です。

そして、脾臓には多くのリンパ球が集まっています。リンパ球が体内に侵入してきた異物やウイルスから守ってくれます。脾臓は免疫器官としても重要な役割を担っています。

意外と重要な働きを持っている脾臓、もし機能が低下した場合には、どうなるのでしょうか。赤血球の代謝が悪くなるので酸素の供給に支障がでます。すると体内で酸素不足の状態が起こって、筋肉のコリや偏頭痛を起こすことになります。

免疫機能が低下してしまうので、伝染病にかかりやすくなることがあります。リンパの循環にとって重要なのが脾臓なので、脾臓の機能が低下するとリンパの流れが悪くなります。代謝が悪くなったり、脳や腸に水がたまりやすくなったりします。

脾臓の機能を高めるには、冷えを防ぐことです。冷えは血行を悪くするのでいろんな弊害をもたらしますね。脾臓の機能も冷えによって低下してしまいます。また脾臓にいい食べ物も多くあります。かぼちゃ、大豆、トウモロコシといった食材がいいといわれています。生姜やニンジン、レンコン、昆布なども脾臓の機能アップにいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です