血液をサラサラにすることは大切

この1年、私が気をつけていることは、血液をサラサラにすることです。なぜ気を付けるようになったかというと、好きなものを好きなだけ食べていて体調を崩したからです。運動もせずに、朝昼夜と、時間もカロリーも気にせずに食べていた訳ですから、今となって考えれば当然の結果だと思います。

体調を崩してみてはじめて、自分の食生活を反省しました。それ以来、間食は出来るだけしないようにして、その分3食の食事をきちんととるように心掛けています。以前は脂っこい食事が好きで、毎日揚げ物やカレーなどを食べていましたが、このことについても反省し、現在は日本の昔ながらの食事で肉を食べたらその2~3倍は野菜をとるように心掛けています。血液をサラサラにすると言われている、青魚や玉ねぎなども食事に多く登場するようになりました。

また、運動もはじめました。朝起きたら、食事の前に近所を30分ほど歩きます。15分歩いたら、今来た同じ道を逆に帰るというやり方で、毎日違ったコースを歩き、飽きないようにして続けています。通勤の際、駅までの道も、今までは車で出かけていましたが、半年ほど前から徒歩に変えました。車で出かけるよりは早く家を出発しなければならないので、はじめは大変でしたが今はもう慣れました。